ブラウザで簡単に写真編集できるオンラインサービス

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真をネットにアップするとき、画像のサイズが大きすぎて困った経験はありませんか?

今回は、ブラウザで簡単に写真編集できる無料のオンラインサービスのPicnicを紹介します。

ここでは、写真を簡単に縮小・編集する方法を説明しています。

1. Picnicのホームページにアクセスします。

Picnik - ブラウザからオンラインで簡単に写真編集-01

2. PCに保存してある写真を選択し、アップロードします。

Picnik - ブラウザからオンラインで簡単に写真編集-02

3. リサイズ

Picnik - ブラウザからオンラインで簡単に写真編集-03

4. 解像度を変更できます。

Picnik - ブラウザからオンラインで簡単に写真編集-04

5. 好きな縦横サイズにトリミングできます。

Picnik - ブラウザからオンラインで簡単に写真編集-05

6. 写真をPCに保存します。

Picnik - ブラウザからオンラインで簡単に写真編集-06

7. 写真の保存が完了しました。

Picnik - ブラウザからオンラインで簡単に写真編集-07

新年あけましておめでとうございます

このブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。2011年もよろしくお願いいたします。年始にあたり、昨年撮影した縁起の良い映像をご覧下さい。今年は、地球に優しいネットの活用方法をさらに探っていきたいと考えています。

created by iPhone 4, iMovie for iPhone

ヴァーチャルで合唱を実現する

現在、私は生長の家の本部に勤務し、出版と広報の部門に所属しているのですが、聖歌隊の事務局も担当しています。

世界最大の動画共有サイトのYoutube(ユーチューブ)では、世界中の独唱の動画を集め、バーチャルで合唱を実現するという面白い試みをしているプロジェクトを紹介していました。

この動画は、アメリカ人の作曲家であり指揮者である、Eric Whitacreさんという音楽家が企画したもので、彼のサイトのERIC WHITACRE’S VIRTUAL CHOIRのページにアクセスすると、世界最大のオンライン合唱をつくろうと試みており、今年は、2010年12月31日までに少なくとも900人のシンガーにビデオをアップロードしてもらいたいという説明が書かれています。

リアルでは各自が世界各地でバラバラに活動しながらも、動画メディアをバーチャル空間に集約し、編集することによって、一つの音楽コンテンツとして完成したものになる。
それを見ている視聴者は、まるでリアルで集まっているコーラスグループのコンサート会場にいるような体験を得ることができる。

このように、ブロードバンドで大量にデータを送受信することによって、動画というスタイルで新たな価値を生み出すことができるということを強く感じました。

今年の話題注目商品は?

IMG_0001

電通が11月25日発表した「2010年消費者が選ぶ話題注目商品ランキング」によると、上位3位までは以下の商品がランクインしました。

1位:スマートフォン
2位:ツイッター
3位:食べるラー油

IT関連商品が強いですね。

スマートフォンは、iPhone4, Android端末など、さまざまな機種が発売され、パソコンがなくても、ウェブ、Eメール、カレンダー、コンタクトなどの機能が利用できるようになり、iPhone4に乗り換えた私は、外出先でほとんどノートPCを必要としなくなりました。

また、ツイッターを使うシーンは、スマートフォンが多いのですが、例えば、外出先で撮った写真をその場で投稿し、ツイッターユーザーと近況やニュースをほぼリアルタイムで共有しています。

そういう意味では、スマートフォンとツイッターの躍進は、セットで考えられると思いますし、今年は、コンピューティングがモバイルの方向へ軸足を大きく移した1年であったと感じました。

ネットの仕事に関わるものとして、この流れを受け止め、これからのサイト構築にあたりたいと考えています。

人生を喜びで満たすには

先月、10月5日に、プロジェクトで関わっていたサイトをリニューアルし、公開しました。

postingjoy top

サイトの名前は、postingjoy(ポスティングジョイ)といいます。

このサイトは名前の通り、「ジョイ(よろこびの記事のみ)」を投稿するSNSです(日本語・英語・ポルトガル語対応)。

「よろこびの記事しか投稿してはいけないのか?」

という質問に対しては、

「イエス」とお答えします。

なぜなら、人間は「自分の人生を自分の心でつくっている」からです。

心というのは、つまり、コトバ(表情=身、発声音=口、思念=意)のことですが、普段使っているコトバ通りの世界が自分の周囲に現れてきます。

それでは、人生を喜びで満たすにはどのようにすればよいかというと、

「コトバの力」を使います。

つまり、コトバには「創造する力」があります。

ですから、心(=コトバ)を意識的に明るい方向へ向けるトレーニングをすることによって、人生をどのようにでも変えることができると考えます。

1度使うだけでは変わらなくとも、毎日繰り返し、喜びのコトバを使うことで心が物事の明るい面を見ることができるようになり、人生が次第に明るい方向へ展開していきます。

そのために用意したサイトが、生長の家が運営する、postingjoy(ポスティングジョイ)です。

サイトに投稿された、喜びの記事を(1)読み、(2)投稿し、(3)共有することで、心が喜びに満たされます。

このような、物事の明るい面のみを見る生活を、輝く時刻のみを記録する日時計にたとえて、生長の家では「日時計主義の生活」と呼んでいます。

興味のある方は、ぜひお試しください。

http://postingjoy.com