腰痛と手荒れがまとめて癒された体験

宗教の行事に参加して病気が癒されるって信じられますか?

私が生長の家の行事を受けて、実際にそれを体験しましたので記事を書きます。体験したのは、以下の2つです。

1)長年持っていた腰の痛みがすっかり消えた。
2)冬になると悩まされていた手荒れが綺麗に治った。

my hand

すっかり回復した私の手です。

昨年の12月のことですが、仕事の研修の一環で、京都府宇治市にある、生長の家宇治別格本山において10日間の練成会(れんせいかい)という、合宿して生長の家の教えを学び実践する集いに参加しました。

実をいいますと、練成会に参加する以前は、毎年冬の時期になると、手の甲が赤くなり、皮膚がガサガサになって困っていました。ハンドクリームをぬったりしていましたが、あまり効果はありませんでした。

また、軽い腰痛も持っており、病院に行くほどではありませんでしたが、腰に違和感があることが多く、深くお辞儀をしたりすると痛みが走り、ストレッチなど試してみても、大して効果は得られませんでした。

さて、その10日間のセミナーで何をやったかというと、主に瞑想やお経を読むなどの宗教行と、生長の家の講師から教義のお話をひたすら聞きます。

生長の家では、「神が造られた世界は、完全円満である。」と説き、「人間は神の子」であると説明します。

これは、生長の家の基本教義の3項目の1つで、神が造られた世界は完全円満であり、人間の本当の姿は、肉体ではなく神の生命そのものであり、完全円満で無限の可能性を持っているということです。

2つ目の教義は、「私たちの周囲の世界は、ただ心の反映である。」と説き、五官を通して感覚する世界は、本当にある世界ではなく、人間が心で仮につくった世界であるというものです。

さて、この練成会では、「笑いの練習」をたびたび行いますが、これは感謝のコトバを唱えた後に、ただひたすら笑うのです。

この笑いの効用というのは、現代医学でも実験結果が報告されており、地方自治体(大阪府)が発行する資料(「笑いと健康」啓発冊子)にもそのことが示されています。
http://www.pref.osaka.jp/attach/4002/00029624/waraisasshi.pdf

(1) 笑いによる難病(膠原病・心筋梗塞)克服 ~ノーマン・カズンズ氏の事例~
(2) NK(ナチュラルキラー)細胞の活性化
(3) 関節リウマチ患者の落語鑑賞による症状改善

つまり、心と身体は連動しているということが言えます。

さて、練成会の途中で気がつくと、ガサガサだった手の甲に潤いがもどっており、元の状態に回復していたことに驚きました。また、その後も、手が荒れることはなくなりました。

また、何をしても改善しなかった腰の痛みもすっかりなくなっており、現在にいたっております。

なぜ病気が治ったり、変化するのかというと、私たちの周囲の世界は「心でつくる世界」だからです。

もう少し、心について説明します。

人間の意識は、主に2つの領域に分けられます。現在意識(顕在意識)と潜在意識(無意識)です。

覚めている意識を現在意識といい、それは全体の約5パーセントくらいしかありません。一方、意識の下に潜っている潜在意識は、残りの約95パーセントを占めており、潜在意識は、現在意識よりも力があるため、蓄積されたコトバ通りの人生をつくっていきます。

潜在意識に、憎しみ、恨み、恐怖、罪の意識のどの不幸災難を呼ぶ心が蓄積されていると、その悪想念・悪感情の表現の一形式として、病気の姿を現すようになります。

生長の家では、コトバ(身・口・意の三業)の力で潜在意識を浄めます。

身とは、「身体」のこと、口とは、「発生音」、意とは、「心」(思念)のことで、つまり、行ったこと、言ったこと、想ったことを繰り返して集積したものが業(ごう)であり、業には習慣性があります。

この練成会で学び実践することによって、私たちの肉体や環境や運命を決定づける潜在意識が浄まり、過去の悪想念・悪感情等の想いが病気の姿を持って表現する必要がなくなるため、本来の健康の姿が現れてくるということになります。

つまり、私たちの周囲の世界、つまり肉体や環境や運命までも、すべて自分自身の今の心が積み重なって創っていくのです。

今回のセミナーではそれを身を持って体験することができました。

もしも、あなたが人生を変えたいと思われたら、生長の家の練成会へのご参加をお勧めします。

また、生長の家の教義についてもっと知りたい方は、谷口雅宣・生長の家総裁の新刊書、生長の家ってどんな教え?が発売されていますので、Amazonから購入することもできます。

きっと良くなる!

きょうの夕日(オフィスから)

平成23年2月5日午後9時24分、母方の祖母が99歳の天寿を全うし、昇天しました。

祖母は、5日の朝普通に起床したそうですが、その後、徐々に昏睡状態になり、最後は親戚や家族に看取られ、眠るように安らかに旅立って行きました。

昭和10年代から生長の家の信仰をしていた祖母の口癖は次のコトバでした。

「   きっと良くなる!   」

いつも家族にこのコトバを語っていたのですが、つまり、

「 今どんな環境にいようとも、どんな境遇であろうとも、これから、きっと素晴らしくよいことがやってくる! 」

という前向きな信仰で、常に明るい表情で周りの人々を祝福し、生涯その信念を貫いた祖母でした。

7日に通夜、翌8日に告別式が地元の舞鶴市内の葬儀場で行なわれ、感謝の想いで祖母に最後のお別れをしました。

一方、私の弟の嫁が妊娠しており出産予定日が近づいていましたが、7日には弟夫婦で通夜に参列し、日付が変わった9日の夜中に近所の病院に入院しました。

朝方に陣痛がきて約15分の安産で、午前5時44分に無事に女の子が誕生しました。弟は出産に立ち会う予定で、ビデオカメラを購入して準備万端で待機していましたが、病院に駆けつけた時にはもう生まれていたとのことで、お医者さんがこれまでにない安産だったとの話で嬉しいハプニングだったと語ってくれました。

また、奇しくも翌日の2月10日は、父方の祖父の命日でした。

ひとつの生命が誕生して家族が喜ぶ姿を見て、自分がどれだけ親や祖先から愛情を受けていたのかと考えさせられました。

肉体は消えても、これまで受けたコトバや愛情は決してなくなることはなく、祖母が愛情を持って伝えてくれた「日時計主義」の生き方を見習い、明るく感謝の生活を送ることを心に誓ったこの数日間でした。

2月4日の感謝したこと #postingjoy #eco

マイはしを使いました。I used my chopsticks at lunch time.

1. 今日は今後の方向性の検討ができました。課のみなさん、ありがとう!

2. 午前中、日本教文社のWさんが、テキストデータをiPad版のi文庫HDで電子書籍として読む方法を伝授くださいました。ありがとうございます。

3. 夕暮れ時の空のグラデーションが美しかった。お日様の恵みに感謝。

4. 夕食は、はなまるうどんで外食をしましたが、マイ箸を使用しました。

5. のど飴を買った際に、エコバッグを使用しました。

2月3日の感謝したこと

世界でもまれな、写実絵画専門美術館のホキ美術館

1. 寮のシンクが水漏れしたので、午前中にシンク台を交換していただきました。業者と施設課の方にお世話になりました。

2. 今日は、寮のホール掃除を行いました。共有スペースが綺麗になり、気持よく生活することができます。

3. 昼に妻が作ってくれたカルボナーラのパスタはとても美味しかったです。

4. 今日は暖かい一日で気持よく外を歩くことができました。

5. クリーニング店でマイバッグを預けると、帰りに受け取ることができます。これをキープマイバッグといいます。クリーニング店のご主人、いつもありがとうございます。

2月2日の感謝したこと

JR原宿駅

1. 今日は父の誕生日です。父がいてこの世に生を享けることができたことに心から感謝します。

2. 朝は、妻が美味しい朝食を作ってくれました。ごちそうさまです。

3. 今日は夕日が綺麗だった。太陽の恵みに感謝。

4. ネット出版課の皆さんには、いつもいい仕事をしてもらっています。Iさん、Kさん、Kさん、ありがとうございます。

5. 夕食は、大戸屋で食べましたが、リーズナブルで新鮮な食材がでてくるのでありがたいです。

2月1日の感謝したこと

小型風力発電機見つけた!

1. 今日のラジオ収録では、世界聖典普及協会の皆さんにお昼過ぎまでお世話になりました。感謝します。

2. K講師、収録おつかれさまでした。いろいろとご協力ありがとうございました。

3. 講師課のAさん、原稿の校正と収録でお世話になりました。ありがとうございます。

4. 昼食時にマイ箸を使いました。割り箸を使わずにすみました。

5. 妻がいっしょに夕食を食べるため、自宅で待ってくれていました。ごちそうさまでした。

1月31日の感謝したこと

マイバッグを使いました。

1. postingjoyのメンバーの方に電話をかけたら、「また投稿します!」と積極的な参加を表明してくださいました。嬉しかった〜

2. 聖典講義の準備の際、宗務課のSさんが対応していただき、部屋の暖房をつけてくださいました。助かりました。

3. 本日担当した聖典講義に12名の方が参加してくださいました。ほとんどの方が最後までご静聴くださいました。感謝いたします。

4. 妻が刺身や野菜など美味しい食材で夕食を作ってくれました。

5. 今日のランチのパンを神戸屋で買い、マイバッグを使用し、2円引いてもらいました。

1月30日の感謝したこと

職場に遊びに来るノラ猫のシロ

1. 妻が父宛のバースデーカードを準備してくれ、それぞれがメッセージを書き、無事投函できました。ありがとう!

2. 今日も天気が良く、気分良く過ごせました。ありがたい。

3. ランチの買出しにマイバッグを使いました。限りある資源に感謝。

4. 今日は、日曜日にもかかわらず業者の方が対応してくださいました。Tさん、Sさんとても助かりました。

5. 今日も妻が美味しい夕食を作ってくれました。どうも、ごちそうさまでした。

今日も、感謝したことを5つ書くことができました。なんだか今日は、終日気分良く仕事ができました。

自分も勝間和代さんを真似てみる

勝間和代さんが、2011年1月9日のブログに、毎日感謝したことを5つずつ、21日間書き続けるというタスクを決め、21日間継続して心境の変化があったということで、これは素晴しいと思い私も書いてみました。

1月29日の感謝したこと:

1.今日は休みをとって読書の時間がとれ、じっくりと考え事ができ、頭が整理できました。

2.31日(月)の聖典講義の準備ができました。まとまった時間がとれたので、ありがたかったです。

3.今日の夕食は、妻がトマト味の鍋を作ってくれました。シメのリゾットも美味でした!感謝します。

4.MacBook Airが、私のメインマシンです。Appleのみなさん、最高のコンピューティング環境を提供くださってありがとうございます。

5.Y部長、ご多忙のところご連絡いただき、ありがとうございました。明日、対処します。

さて、生長の家では、「心で認めたものが現れる」という法則に基づいて、物事の明るい面のみを見る「日時計主義(ひどけいしゅぎ)」の生活を推奨しています。コトバには実現力があるため、継続して表現するということは、ポジティブな生活実現への近道であると思います。

トーキョーノーミートレストラン – フレッシュネスバーガー

ノーミート料理だけを提供するレストランは、都内でそれほど存在しないかもしれませんが、ノーミート料理の単品メニューは紹介できると思いましたので、 職場近くで見つけたノーミート料理をレストラン情報と共に掲載します。

さて、第一弾は、フレッシュネスバーガーの「ベジタブルバーガー トーフ」です。

ベジタブルバーガー(トーフ)Vegetable burger (Tofu)

ハンバーグの素材が豆腐でできていて厚揚のように歯ごたえがよいので、物足りなさはなくお腹が満たされました。

お店が禁煙または分煙だともっとありがたいです。

メニュー: ベジタブルバーガー トーフ

店名: フレッシュネスバーガー 神宮前店

東京都渋谷区神宮前2丁目18−7